銀行系サラ金で借り入れするメリット・デメリット

銀行系サラ金を利用するメリットとしては、何よりも大きなことは「金利が低い」と言うことです。借金をする時に重要なポイントとは「返す労力」で、つまりは「完済総額がどの程度になるのか」と言うことが重要です。

例えば、100万円を借り入れした時の完済総額が10倍の1000万円になるのでは借りる意味はほとんど無いと言えます。現状でサラ金を利用した場合の総額はおおよそ200万円位になることが多いものの、返済期間を考慮すれば極端な倍率とは言えません。ただ、出来れば100万円の借入れを100~150万円程度の範囲で完済出来ることが望ましいと言えるため、その為には「低金利の銀行系サラ金を利用する」と言う選択が有効になってきます。

サラ金系には、独立系サラ金と銀行系サラ金の2種類があります。この内、後者に関してはバックボーンが銀行と言うことで潤沢な資金を持った運営が可能です。資金力があると言うことは、それすなわち「融資基準ならびに利用環境が良くなりやすい」と言うことになる為、相対的に安心して利用出来る環境が多くなります。

ただし、メリットばかりと言う訳ではありません。融資難易度が高くないという意味ではメリットがあるものの、実際に利用する環境としては「銀行カードローン」には遠く及ばない性能です。ある程度難易度が低く、更に極端な高金利では無いと言う魅力はありますが、何をおいても優先するほどの性能では無いと言う点がデメリットです。